COMPANY企業情報

インテージグループAI利活用指針

インテージグループは、「Know today, Power tomorrow 知る、つなぐ、未来を拓く」というビジョンのもと、お客様と生活者を繋ぐ架け橋として、豊かで可能性の広がる社会の実現を目指しています。

こうしたビジョンの実現に向けて、社会に多様なイノベーションをもたらすと期待されるAIの利活用を積極的に進めていきます。

また、インテージグループは「人間中心のAI原則」に賛同しています。人間の尊厳と個人の自律を尊重し、社会の持続可能性を重視する理念を守るため、以下に定める指針のもとAIを活用していきます。

1. コンプライアンス

AIの利活用に係る法令を遵守するとともに、社会規範・社会道徳、ステークホルダーの利益・要請に従います。

2. 安全性の重視

利用者および第三者の生命・身体・財産、精神及び環境へ危害を及ぼすことがないよう安全性を重視します。

3. セキュリティの確保・プライバシーの保護

AI の安全な利活用を行うため、「インテージグループ情報セキュリティ基本方針」のもと、技術の進化に即した合理的な対策を講じ、データの適切な扱いとセキュリティの確保・維持に努めます。特に個人情報については「個人情報保護方針」のもと、プライバシーの保護に努めます。

4. 公平性の確保

AI利活用により、人種、性別、国籍、年齢、政治的信念、宗教などの多様な背景を理由とした不当な差別がおきないよう公平性の確保に努めます。

5. 透明性の追求

利用するAIの特性や用途を考慮し、出力判断結果の説明可能性の追究等、透明性の確保に努めます。また、ステークホルダーに対して適切な情報提供に努めます。

6. 品質の追求

AIモデル・AIに投入する学習データ・AI生成結果それぞれについて品質基準・評価指標・検証プロセスを整備するなど、AI利活用サービスの品質維持向上に継続的に取組みます。

日本国および国際的に議論が継続しているAIガバナンス原則を尊重すること等を考慮し、このAI利活用指針は適宜見直しを行います。

制定 2024年4月1日
株式会社インテージホールディングス
代表取締役会長 石塚 純晃