インテージグループ沿革

インテージグループの歩み

1960年~

1960年 3月 3月2日、株式会社社会調査研究所(現 株式会社インテージホールディングス)創業
1960年 5月 カスタムリサーチ事業とともに、調査対象を固定して継続的にデータ収集・分析を行うパネル調査、SDI(全国一般用医薬品パネル調査)をスタート
1961年~ 調査対象パネルを維持するフィールド組織づくりやデータ集計処理のためのコンピュータ資源に資本を積極的に投下。総合情報企業としての基盤構築を開始
1963年 9月 膨大なパネルデータを処理するためIBM1401を導入。同システムを活用して、現在のシステムソリューション事業に繋がるコンピュータ事業をスタート。1967年にはIBM360を導入
1964年 7月 SCI(全国消費世帯パネル調査)スタート
1965年 4月 本庄インプットセンターを開設し、インプット事業をスタート

1970年~

1971年 4月 医薬品を中心とした共同仕入れ・共同物流を担う、流通事業を開始。調査とシステムの機能を統合し、独自の情報価値創出を目指した
1972年 9月 現在の株式会社インテージ長野の起源である長野インプットセンターを発足。インプット事業の最盛期を迎えた
1973年 5月 東京・ひばりヶ丘に本社ビル竣工
1977年 4月 SLI(全国女性消費者パネル調査)スタート

1980年~

1986年 4月 株式会社ミックビジネスサービス(現 株式会社インテージ・アソシエイツ)設立
1987年11月 年商100億円突破。消費者パネルをスキャンニングシステムに移行するとともに、小売業のPOS化に呼応して小売店POSパネルの開発に着手

1990年~

1992年 1月 それまで買い物帳方式だったSCIをフルモデルチェンジし、SCIスキャニングシステムを稼働。全国9700世帯を結んでのデータ送受信を開始
1994年 1月 SRI(全国小売店パネル調査)スタート
1996年 5月 株式会社エム・アール・エス(現 株式会社インテージリサーチ)を資本参加により子会社化
1999年 3月 株式会社インテージ、ISO9001認証(パネル業務)およびプライバシーマーク認定取得
1999年 7月 海外拠点の足がかりとなる上海事務所を開設

2000年~

2000年 3月 株式会社インテージ、情報処理サービス業「安全対策実施事業所認定」を取得。
ISO9001認証登録範囲拡大(カスタムリサーチ業務)
2000年 4月 CRO事業を主とするIBRD JAPAN株式会社(現 株式会社アスクレップ)を買収
2000年 12月 株式会社インテージ、ISO9001認証登録範囲拡大(ソフトウェア開発・情報システム維持管理業務)
2001年 4月 株式会社社会調査研究所から株式会社インテージ(現 株式会社インテージホールディングス)に商号を変更
2001年11月 JASDAQ市場に上場
2002年 3月 英徳知市場諮詢(上海)有限公司設立。海外事業を本格的にスタート
2002年10月 株式会社インテージ・インタラクティブを設立。インターネット事業への本格的な取り組みを開始
2003年 4月 株式会社アスクレップ誕生(IBRD JAPAN株式会社と株式会社インテージのメディカルソリューション事業部を統合)
2003年12月 株式会社インテージ長野、ISO9001認証を取得(システムインテグレーションサービス、トータルソリューションサービス、商品情報管理、市場調査)
2005年 7月 情報セキュリティマネジメントシステムISMS/BS7799認証を取得
2005年11月 インテージ秋葉原ビル(東京都千代田区)開設。
同ビルに本社を移転

2006年 1月 株式会社インテージ、情報セキュリティマネジメントシステムISMS/BS7799認証を取得(ひばりヶ丘事業所データセンターサービス業務)
2007年 5月 医療分野におけるリサーチに特化した、ティー・エム マーケティング株式会社(現 株式会社アンテリオ)の株式を取得し、連結子会社化
2007年12月 株式会社アスクレップ、ISO9001認証を取得(CRO業務、統計解析・メディカルライティング・安全性管理業務)
2008年 1月 東京証券取引所市場第二部に上場
2008年 4月 当社グループのシェアード・サービスを担う株式会社インテージ・アソシエイツ設立
2008年 7月 アジア第2の海外拠点として、INTAGE(Thailand)Co., Ltd.設立
2008年 2008年度連結売上(米ドル換算)に基づくランキング(アメリカマーケティング協会)で、インテージグループが世界TOP10にランクイン
2009年 3月 聯恒市場研究有限公司の譲渡契約を締結。グローバルリサーチにおける国際的競争力をさらに強化
2009年 3月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

2010年~

2010年 3月 創業50周年を迎える
THE INTAGE WAYを制定
2010年 7月 株式会社インテージ、ISO20252認証を取得
2010年 9月 株式会社アスクレップ、中国における現地法人ASKLEP CHINA Inc. を設立
2010年10月 ティー・エム マーケティング株式会社、社名を「株式会社アンテリオ」に変更
2011年 4月 株式会社アスクレップ、本社を池袋(ワールドインポートマートビル)へ移転
2011年 9月 ベトナムのFTA Research and Consultant, LLCと資本提携
2012年 4月 NTTドコモとの合併会社である株式会社ドコモ・インサイトマーケティングを設立
2012年 7月 株式会社アスクレップ、台湾における現地法人ASKLEP TAIWAN Inc. を設立
2012年 8月 インド共和国に現地法人 INTAGE INDIA Private Limited を設立
2012年 9月 株式会社医療情報総合研究所(JMIRI)を子会社化
2012年11月 株式会社アスクレップ、韓国に現地法人ASKLEP KOREA Inc. を設立
株式会社プラメドを子会社化
2013年 3月 株式会社アスクレップ、米国RESEARCH PHARMACEUTICAL SERVICES, INC.との合弁会社であるRPSアスクレップ株式会社を設立
2013年 7月 シンガポールに現地法人INTAGE SINGAPORE Private Limited を設立
2013年 8月 CONSUMER SEARCH GROUP(Consumer Search Hong Kong Limited)を子会社化
2013年10月 持株会社制に移行し、商号を株式会社インテージホールディングスに変更
4月に設立した株式会社インテージ分割準備会社に事業を承継し、株式会社インテージ分割準備会社の商号を株式会社インテージに変更
2014年 4月 株式会社インテージのIT関連部門と株式会社インテージ長野を統合し、株式会社インテージテクノスフィアを発足
2014年 5月 インドの市場調査会社 R.S. Market Research Solutions Private Limited をグループ化
2015年 3月 創業55周年を迎える
2015年 4月 株式会社インテージコンサルティングを設立
株式会社インテージ、ニールセンとの合弁会社「株式会社インテージ・ニールセン デジタルメトリクス(INDIGIM)」を設立