ニュースリリース

「アスリート社員」二人がインテージグループに入社

2019年7月5日

「アスリート社員」二人がインテージグループに入社
車いす陸上・北浦春香、デフフットサル・折橋正紀

株式会社インテージホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)および株式会社インテージヘルスケア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢)に「アスリート社員」が入社しました。
インテージホールディングスは車いす陸上競技(短距離)の北浦春香を、インテージヘルスケアはデフフットサルの折橋正紀をそれぞれ、仲間として迎えました。両者は共に、「アスリート社員」として競技に専念しています。
インテージグループは今後も、多様性にあふれ、社員が高いプロフェッショナリティーを持って働くことのできる環境づくりを継続していきます。
※聴覚障がい者が補聴器を外した上で行う球技。審判が笛と旗を兼用すること以外、フットサルとの違いはない


写真左:北浦春香、同右:折橋正紀

北浦春香(車いす陸上競技)のプロフィール

氏名:北浦 春香(きたうら はるか)
競技:車いす陸上(短距離)
クラス:T34
所属:株式会社インテージホールディングス


「このたび、インテージホールディングスに所属した、北浦春香と申します。
車いす陸上競技の100メートルを専門に取り組んでいます。0.01秒でも速く、高みを目指して日々精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします」

<主な成績>
【国際大会】
2017年 WPA世界陸上競技選手権大会(ロンドン) 100メートル 7位、400メートル 5位
2016年 リオ2016パラリンピック競技大会 100メートル 7位、400メートル6位(アジア新記録)
2015年 IPC世界陸上競技選手権大会(カタール) 100、400メートル 出場
2013年 IPC世界陸上競技選手権大会(フランス) 100、200メートル 出場
2012年 ロンドン2012パラリンピック競技大会 100、200メートル 出場
2011年 IPC世界陸上競技選手権大会(ニュージーランド) 100、200メートル 銀メダル
【国内大会】
2017年 ジャパンパラ陸上競技選手権大会 100、200、400、800メートル 優勝
     日本パラ陸上競技選手権大会 100、200、400メートル 優勝
2016年 ジャパンパラ陸上競技選手権大会 100、400メートル 優勝
     日本パラ陸上競技選手権大会 100、200、400メートル 優勝
2015年 ジャパンパラ陸上競技選手権大会 100、200メートル 優勝、400メートル 2位
     日本パラ陸上競技選手権大会 100、200、400メートル 優勝

折橋正紀(デフフットサル)のプロフィール

氏名:折橋 正紀(おりはし まさのり)
競技:デフフットサル
所属:株式会社インテージヘルスケア


「このたび、インテージヘルスケアに所属した、折橋正紀と申します。
デフフットサルの日本代表候補のゴレイロ(ゴールキーパー)として活動しています。日本代表として国際大会で好成績を残し、よい報告ができるよう、日々取り組んでいきます。
デフフットサルの存在、さまざまな障がい者スポーツの存在を皆さんに知っていただき、機会があれば試合をご覧いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします」

<主な成績>
【国際大会】
2019年 第3回アジア太平洋ろう者フットサル選手権 2位
     (第4回世界デフフットサル選手権大会 アジア予選)
2017年 デフフットサルチャレンジカップ(親善試合) 1位
2012年 第8回アジア太平洋ろう者競技大会 3位
2011年 第2回世界デフフットサル選手権大会 14位
【国内大会】
2018年 デフフットサル日本代表 国内エキシビジョンマッチ(対 ボアルース長野フットサルクラブ)
2017年 デフフットサル日本代表 国内エキシビジョンマッチ(対 福井県フットサル男子選抜チーム)