インテージグループ・ソーシャルメディアガイドライン

インテージグループはソーシャルメディアを、ステークホルダーの皆さまとの関係を強化する有効なコミュニケーション手段ととらえています。そのための指針として、インテージグループ従業員と関係者(派遣労働者、業務委託先従業員を含む)のソーシャルメディア利用にあたってのガイドラインを策定しました。

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとはFacebookやTwitterなどに代表される、インターネットを用いてユーザーが情報を発信、あるいは双方向のコミュニケーションを行う伝達手段を指します。

ソーシャルメディア利用の目的

インテージグループはソーシャルメディアを通じてインテージグループに関する情報を積極的に発信し、ステークホルダーとの対話を心がけることで、信頼関係を構築していきます。
所属する会社、組織や雇用形態にかかわらず、インテージグループのビジネスに携わるすべての関係者(派遣労働者、業務委託先従業員を含む。以下、従業員)はソーシャルメディアの利用に際し、「インテージグループ・ソーシャルメディア・ガイドライン」に従って行動します。

ソーシャルメディア・ガイドライン

インテージグループ従業員は法令を順守し、各ソーシャルメディアのルール、「インテージグループ企業倫理行動憲章」「インテージグループ社員行動規範」「インテージグループ情報セキュリティ基本方針」、および所属会社の就業規則と以下のガイドラインに従います。

1.インテージグループの一員として自覚を持って発言します

  • 個人情報やプライバシーに関する内容、業務によって知り得た情報を発言しません
  • 従業員一人ひとりが、インテージグループの事業の価値やブランド、魅力を正しく伝える役割を担っていることを自覚し、インテージグループについてなされる対話や情報発信の持つ影響力の大きさを、十分に理解します。また、ソーシャルメディアのコミュニティーに参加する場合は、インテージグループのビジネスやブランドに対する影響力を考慮に入れた適切な方法を用います
  • 情報のコントロールを目的にした発言をしません
  • インテージグループの所属であることを明らかにした個人アカウント(※)においては、発言がインテージグループの公式発表・見解を表すものではないことを明確にします
    ※勤務先を公開している場合など

2.誠実な発言を心がけます

  • 次に掲げる発言をしません
    第三者を誹謗・中傷する、あるいは名誉や信用を傷つける内容
    第三者の著作権・肖像権、その他の権利を侵害する内容
    人種や思想、信条などを差別する、あるいは差別を助長させる内容
    公序良俗や良識に反する内容
  • 相手の発言を傾聴する姿勢で冷静な判断力を働かせ、思いやりを持って行動します

3.発言に責任を持ちます

  • 自己表現としての情報発信にも影響力があり、インテージグループの事業の価値やブランドを傷つけ、インテージグループが最終的な責任を負わなければならない可能性があることを認識します
  • 誤った情報を発信したり、誤解を与える表現を行った場合は、速やかにお詫びして訂正します
  • 一度投稿した発言や画像・動画は完全に削除することができない(半永久的に残る)と認識し、慎重に行動します
  • 限られた仲間内で発言しているつもりでも、世界中に拡散する可能性があることを認識します

ソーシャルメディアをご利用の皆さまへ

インテージグループの公式発表・見解は、株式会社インテージホールディングス、または各グループ会社のウェブサイトやプレスリリースをご覧ください。
また、インテージグループのソーシャルメディアに寄せられたコメントなどに、誹謗・中傷、あるいは公序良俗や良識に反する発言が見られる場合には、投稿者への通告なく削除することがあります。
当該ガイドラインは必要に応じて、予告なく内容を変更される場合があります。

以上